サンライフリハセンター・居宅支援サービス

トピックス

サンライフ半日型デイケア   事例(成果)報告

K様、男性、脳梗塞片麻痺の方で転倒リスクが高く、自宅での転倒頻度が多い点が課題の方です。
上記の方に対して歩行の安定性向上を目標としたリハビリプログラムを実施しました。


以下訓練中の様子



その結果、初回利用からから3ヶ月で以下のように改善がみられました。

初期評価
5回連続立ち座り時間:約40秒
タイムアップアンドゴーテスト:約60秒 6分間歩行テスト:57m 自宅での転倒頻度:2,3日に1回

3か月後評価
5回連続立ち座り時間:約20秒
タイムアップアンドゴーテスト:約40秒 6分間歩行テスト:90m 自宅での転倒頻度:1週間に1、2回

その他、理学療法士の評価として歩行時の麻痺側下肢での安定性が向上しており、今後もまだ改善が期待できる状態です。
引き続きリハビリプログラムを継続し更なる機能向上を図っていきます。


令和4年9月2日時点の空き情報となります。




この度、通所リハビリテーション事業関係者にて、新型コロナウィルス感染者が急増(クラスター発生)しましたことをご報告いたします。
7月4日(月)に職員1名の感染が判明してから、10日(日)までの7日間で職員6名、利用者8名の感染が判明しました。内、半日型は職員1名のみでした。
保健所の指示をいただき、1日型デイは7月13日(木)まで、半日型デイは7月11日(月)を休業いたします。

また、併設する介護付きホームの厨房にて調理師1名が陽性、栄養士1名が濃厚接触者となりました。相談員1名は7月4日に同居家族(小学生)の集団感染があり、濃厚接触者となりました。介護付きホームでのその他の濃厚接触者はおらず、通常の業務を一部制限しております。

まずは利用者のみなさま、ご家族さま、ケアマネージャー等関係機関の皆さまにご心配、ご迷惑おかけしていますことお詫び申し上げます。
休業中に今回の感染対策、感染経路等を分析し、再発防止に取り組む所存でございます。この期間、面会や行動制限などご不便をおかけいたしますこと重ねてお詫び申し上げます。


6月22日㈬にアル・プラザ武生で脳活チャレンジ教室を開催いたしました。
7名の皆様に参加して頂いて脳トレや運動などにチャレンジして頂きました。


最初に脳の仕組みや認知症についてのお話しと準備体操を兼ねたストレッチ等を行いました。最初は緊張もありましたが、徐々にほぐれて笑顔も見られる様子もありました。


次にお口の体操を行いながら脳機能との関係を説明させていただきました。参加された方からは質問もあり皆さん興味津々になって聞いていただきました。


最後に手と指を使った脳トレとして童謡のリズムに合わせた運動を実施しました。リ参加したズム運動を通して聴覚・視覚・触覚など五感を刺激することで脳機能賦活を体験していただきました。


皆様からは「タメになったわ」とか「また今度参加したい」とのお声もいただきました。
この教室を通して皆様の毎日の生活がちょっとでも楽しく過ごせる手助けになればと考えています。
次回は8月中旬に開催予定しています。
詳しい日程が決定しだい更新いたします。
皆さまのご参加お待ちしています。


6月24日(金)に越前町の陶芸村で開催している陶ふうりんを観覧してきました。
その日は風もあり風鈴の音色もきれいに奏でており感動されていました。
また期間限定和スイーツも買って風鈴を眺めながら美味しくいただきました。
参加された皆様から「なかなか来れないところに来れて良かった」「楽しかった」などの感想をいただきました。



グッジョブ‼では、体操や脳トレ以外に色々なレクリエーションなども用意しております。
近所の皆様や仲の良いお友達同士で運動したり創作活動を行うなど楽しい思い出を一緒に作ってみませんか?
グッジョブ‼ではそんな皆様をお待ちしております。
随時、見学も可能ですので興味のある方はご連絡下さい。


ページトップへ