福祉用具・住宅改修

トピックス

映画「ケアニン」の公開が間近に迫ってきました。ケアニンとは?チラシを見ていただくのが一番早いですが、実話に基づいた介護福祉士のストーリーです。モデルとなったのはあおいケアの加藤忠相氏。これも余計な説明は必要なく、ホームページや様々なメディアで特集されています。
今回、越前市の有志の皆さん(金剛院の諏訪さんや、月岡医院さんなど)が実行委員会を立ち上げまして、サンライフもそのメンバーに入れていただきました。ほんの少しお手伝いをしただけですが、準備に携わり、いろんな方とお話しする機会ができてとても感謝です。

加藤氏のお話は、昨年11月に介護付きホーム研究サミットにてゲストとして特別講演をされた際に、院長や若手スタッフも拝聴することができました。加藤氏が目指すケアに共感したり、問題提起したり、様々な思いがよぎるお話でした。

地域包括ケアの充実にむけ、様々な意識改革が必要となっています。職員として働く従事者、ご家族、そして利用者・・・。この映画や講演をきっかけに、いろんな立場や垣根を越えて、良い議論ができるといいなと思っています。

*チケットお問い合わせ:0778-21-1068 サンライフ小野谷 谷口まで


ファイルイメージ

5/24映画チラシです


ファイルイメージ

6/17講演会チラシです



ファイルイメージ

スナップ写真集です↑


平成30年度がスタートしました。
昨年度1年間はどんな1年だったか?今年も約2か月かけて事業報告書+計画書を作ってきました。
各部署の管理職が、実績、取り組み、会議の内容から、すべての職員が参加した研修、講師となって発表した内容、勉強会や交流会など・・・をまとめ、
新たな事業計画では組織図や年間行事計画、委員会やキャリアパスなど今年強化する取り組み・・・など本当に詳細にまとめてくれて、全16ページに及ぶ内容になりました。この報告&計画書を全員に配布し、全員で読み合わせ、共有しました。

式典では新たな管理職に辞令を交付し、今年度の新メンバーのあいさつをいただき、また、昨年外部の研究発表などで評価された若手6人に表彰+目録贈呈もさせていただきました。
そのあとは班長たちが頑張って企画した交流会&懇親会です。写真を見ていただければわかるように、とても楽しくはしゃぎすぎた交流会になりました。充実した式典を準備、調整してくれたみなさん本当にお疲れさま。今年度も、こんな素晴らしいメンバーと仕事ができることに感謝です。


大学合同説明会


平成31年度の新卒採用に向けた説明会が始まりました。県内外の大学などで、ONODANIグループとしてブースを設け、会社案内をさせてもらっています。今年度から、ブースにはOBやOGが参加し(しかも入社1~3年目の社員が)説明していくことになりました。
そのためのパンフレット作りで写真を作ったのですが、とても良い出来だったのでUPします!!
サンライフからも介護職/相談員、栄養士がそれぞれの出身大学に出向き、実際にブースにくる学生さんの質問に答えたり、見学案内をしたりしました。
就職先を選ぶときは、会社の理念や条件に加えて、近しい先輩の体験談が貴重な情報になります。時に管理職の難しい説明よりも、具体的で身近な案内になると思っています。
来ていただいたみなさん、是非一度、見学やインターンシップをしてみてください。サンライフでは毎日が見学会です。日常のそのままの様子を体験してみて、参考にしてもらえたら嬉しいです。


昨年末に、介護保険施設等の実地指導(監査)をしていただきました。
対象は、特定施設入居者生活介護/居宅介護支援事業/福祉用具貸与等の事業です。
「監査」というと、とても緊張するものですが、事業運営を精査するとても良い機会であり、それぞれで、多くの見直しをすることになりました。法令遵守(コンプライアンス)のため、再度制度の条文を読み直してみたり、基準や人員配置、加算要件などを復習していきました。当日は、指導員の方々が長時間にわたりいろいろな指導やアドバイスをしてくれました。貴重な機会に、こちらからも確認や質問もできました。この結果は、運営懇談会で利用者のみなさんにご報告させていただこうと思います。

介護保険法第1条には「高齢者の尊厳を保持し、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう」とあります。改めてこの理念を理解し、不十分だった考え方を修正していく必要があります。施設でも在宅でも支援の記録や、説明、管理方法などで不十分さがありました。
今年は4月に3年に1回の法律改正がありますが、職員全体が勉強しなおして、レベルアップできたらと思います。
・尊厳の保持とは=虐待や身体拘束の廃止を徹底し、支援の質向上を目指すこと
・有する能力に応じ=高いアセスメント力をつけ、ご本人の意向に沿った支援のため、信頼関係を構築していくこと
・自立した日常生活を営む=リハビリテーションや自立支援のために専門性を強化すること
今後も適正な事業者として、第1条の実践を徹底していきたいと思います。ご指導ありがとうございました。



日増しに秋の深まりを感じる季節となってきました。
ついこの間たんなん福祉機器展が終わったばかりのような気がするのですが、2018たんなん福祉機器展に向けての活動を開始しました。
その先駆けとして『第44回国際福祉機器展 H.C.R.2017』に行ってきました!527社が出展するアジア最大の福祉機器展!最新の福祉機器展示やセミナーなどなど…たくさん体験してきました。 
東京ビッグサイトはひろ~い( ´∀` ) 


『2018たんなん福祉機器展』で紹介する最新福祉機器はもちろんですが商品展示の方法、説明方法を勉強してきました。

乞うご期待\(◎o◎)/!

ページトップへ